Community
 
掲示板
 
チャットルーム
 
人気投票
 
投稿ギャラリー
 
Freaks' Village



     出発前日 8月5日(土) 晴れ

本来の予定では、今日から出発のはずであったが、今年は何年に一度の町内会組長の順番で、なんとナント今日、明日は、町内盆踊りのため、町内会の雑務にカミサン大忙しである。ほんとは、明日も雑務があるのだがそれを無理言って、明日からの出発となった。しかし次女は、ここで初めてゆかたデビュー。

ちょっと寂しいデビュー場所となったが、彼女けっこうウキウキモードである。町内雑務を終えてから、夜遅くまでボストンバッグの荷物作りに、カミサン八面六臂の大活躍。ウーンすごいと感心しつつ、一人眠ってしまいハワイ前日が過ぎた。

     出発当日 8月6日(日) 晴れ

朝から娘約一名、メチャうきうきモード全開。
旅行会社からこの時期空港が、かなり混んでいますので、少し早めに行ってくださいと言われたので、午後3時30分名古屋空港へ向けていざ出発。

午後4時過ぎ名古屋空港近くのデニーズで駐車場入庫(駐車場からは、4時半以降に入庫してくれと言われていた)までの時間調整と、チョット早い夕食となる。(機内食まで待ったほうがいいのにと思いながらも、ツイツイ食べてしまう自分が辛い(・・;))

午後4時50分名古屋空港着、出発までまだ3時間ちかくあるのに、やはり娘約一名は、落ち着かない様子である。取敢えず搭乗機のシートチェックのためにツアーカウンターへ出向く。時期的に結構混んでいると思っていたが、飛行機は席にゆとりがあるようである。こちらのシートリクエストを受けてもらえそうでうれしい。結果まずまずの席が、ゲットできた。ラッキー・・・(^o^)丿
荷物を預けて、4階のコーヒーショップでチョイと一服。今晩の機内食なんだろー?(先ほど食べてきたのにm(__)m)映画はなんだろー?と思いをはせた。

午後6時20分入国審査を済ませて、海外モードへ自分も切り替えスイッチをオン。カミサン、子供とDFSでお買い物スタート。今回この空港ビルのDFSは、初めてのため(2月のWDWは、ANAは名古屋から成田は国内線のため)あっちウロウロ、こっちウロウロしながら、長女へ結構いいエルメスのバッグがゲットできた。その後もウロウロしていると、時間は早や7時10分機内搭乗開始だ。いち早く搭乗して、好きな週刊誌をゲットする。(ほんとビジネスに乗れれば、こんなことしなくて済むのに!(>_<)と思うがそれこそ夢です)

午後7時30分名古屋空港を離陸。ほんとに機内が空いているので、驚いてしまった。おのおの好きな席をゲット完了、これでのんびりとハワイへ行けると思ったら、急に眠くなったので機内食を食べた後は(結果また食べてしまった! でも、日本の飛行機の食事はエコノミーでも十分うまい。これがビジネスになると、さらにデザートとワインが立派になり食器が犬皿から、きちんとした、皿、グラスで出る程度の差。けどこれもかなり大きい差ですが。しかし外国系のは、下手すると、まじで食べられないので、空港で弁当を買って搭乗することとなる。)、皆そろっておやすみタイム・・・(いい映画をやっていなかったことも幸いした。)
ここからハワイタイムへ

ハワイ着
午前8時ハワイ到着。飛行機から、毎度おなじみのシャトルバスに乗って入管窓口へ、イミグレーションも拍子抜けするほど空いている。まじこんなに空いたワイキキは、初めてである。全員でサイトシーイングでーすと叫んでイミグレ済ませて、バッグを取って空港の外へ。
おーー涼しいーー。スカイブルーの空のもと、毎度おなじみのレイかけ写真、ウィスキーーの掛け声に一体どんな出来具合か?と心配しながらJALPACKのバスを待つ。15分程度待って係員と、午前9時15分アロハステーション行きのバスに乗り込む。これも毎度のことだが、車窓からの風景がハワイを物語る。今回初めて、弟から借りたVTRを持参したので、車内からの風景を切り取る作業が忙しい。しかし今回の風景は、なぜか新しい感じがする。

約30分でアロハステーションのあるDFSギャラリアへ到着。ギャラリアは、何度も来ている懐かしい場所であるが、そこの4階にあるステーションは、今回はじめての説明会場である。これまた興味津々でギャラリア店内へ。4階の説明会場までの道のり、いたるところにあるブランドショップに、娘達は目がランラン。説明会場に入り今回のツアー客をチェック。名古屋から一緒のチョイト気の弱そうな、でもかわいいガングロチャン2名がひときわ目立つ存在である。それにしても、あのスタイルは、海外では結構はずかしい感じのするイデタチである。もちろんあのポックリサンダルも。しかし一名は、ポックリ履かなくても、素で165cm以上はあるのに、もう完全に和田アッコ状態で、すこし控えめ目のガングロ化粧(けっして山姥ではない)。横ですこし年配そうだと娘が言っている。たしかに学生なら、もう少し安い時期に来れそうだとうなずく・・・
そうこうしている内に、説明が始まった。毎度のハワイの観光スポットとオプショナルツアーの説明VTRにややうんざりしながら午前10時45分説明終了にやれやれ。カミサンが、オプショナルツアーの最終手続きを済ます。
手続きを済ませてカミサンが、ニンマリしている。なんでも、今日の昼から予定していた付属の半日オアフ観光だが、我々でジャスト定員であったとか。もしこれ取れなかったら、2日目以降の計画に狂いが出るので、ほんとラッキー。
手続き終えて取敢えず1階のスターバックスで一服。スタバのコーヒーは、マジでウマイと思う。(スタバのコーヒー今では、名古屋でもJRツインビルや、栄でも飲めるようになったからホンマうれしい。)
その後歩いて5分のホテルへ。今回のホテルは、ほんといいロケーションだと痛感する。チェックインの手続きをしてから、午後1時の観光開始時間まで少々一服して、集合場所であるギャラリアへ戻る。

半日観光ツアー
もうかなりの人が、半日観光ツアーを待って待機していた。出発時間間際にそろり出口へ移動して、車内のイイ席を取る準備にかかる。これが功を奏して運転席横の最前列からの席をゲット。怪しげな日本語を操るガイド兼運転手(松村を1.5倍ほどした巨体)によってツアーがスタートした。
何でも彼は、関西地方の中学校で英語の講師を2年間していたそうで、妙な関西弁が混じる日本語説明を聞きながら、見慣れたワイキキビーチの風景が右手の車窓をなでていく。ダイヤモンドヘッド下を通って一路ハナウマベイへ。毎度の美しさに感動する。次回は、絶対ここでシュノーケリングをしようと真剣に思った。
次は潮吹き岩の海岸へ、しかしここは前のハナウマに比べると、思ったほど潮も吹いていないので感動が少ない。ただし、この地の強風を利用した色とりどりのカイトがとても美しい。全長が20mほどの大型カイトも2つ3つ泳いでいるのに驚く。
その後は、標高900mのヌアヌパリの展望台へ。いつも強風が吹いているこの場所、ちょいとガスがかかり高層ホテルからの風景、夜景のほうが数段美しいと感じるだけであった。しかし、1000m近い高原なので、吹く風がすこし冷たい。ハワイであることを忘れる冷たさであった。
次は最後の観光地アロハタワーへ。このタワーに登って風景が観たいが、停車時間の関係で、散歩程度で終了。チョット残念。でもボインのフーターズのおねーちゃんが見れたから良しとする。(ここアメリカ本土が本店の、ボインチャンの俗称を店名としたパブ形式のチェン店)
それにしても機内でよく寝たからか今回は、目が堅い。 しかし子供達は、あれだけ機内で寝ていても、あきれるくらいホントよく車内で寝ている。今夜眠れるんかいな?と他人事ながら心配になるほどである。

午後4時ステーション着。夕食までの時間、部屋から海を見ながらつぶす。今日の夕食は、ホテルのガーデンでBBQ一体どんな食材か?期待を胸にガーデンへ行くと、まだ時間が早いためか?あまり人がいない。少し不安になってきたが、テーブルについて、食材を持ってくると、これまた結構うまいので皆でホッとした。しばらくすると大勢の人でテーブルが埋まっていた。

食後は夕暮れのワイキキへ繰り出した。
思ったほど今回は、ここも日本人がいないので非常にうれしかった。
散策後ホテルへ帰り1日目が終了した。


All Rights Reserved (C)2000 Hawaii Web & Office Otomaru