Hawaii Web Link Index Hawaii Web Contribution Big Island Accommodation
 

 
基礎知識
 
歴史
 
交通手段
 
レンタカー
 
リンク集
 
検索エンジン
 
口コミ情報
 

投稿する

Contribution Plate Lunch

皆さんからご提供いただいたハワイ島のアクティビティ、オプショナル・ツアーに関する実体験情報


マークをクリックすると、関連webサイトにジャンプします。

     ハワイ島アクティヴィティ

Island RV プライベートツアー
75-1027 Henry Street Kailua, Kona, HI 96740-3137 (800) 406-4555
2001年6月 おーちゃんの父からの情報

モーターホーム(キャンピング・カー)に乗って好きなプランで回るガイドツアーです。
ホテル(コナ)でピックアップを受け、プウホヌア・オ・ホナウナウ → プナルウ黒砂海岸 → ボルケーノ(チェーン・オブ・クレーターズ・ロード含む) → ヒロと回ってもらいました。
ドライバーのマイクは日本語ペラペラ(奥様が日本人だそうです)、常に私たちを楽しませようと心配りしてくれた好人物です。
予定の所用時間(8時間)をオーバーしてしまいましたが、気持ちよくホテルまで送り届けてくれました。
モーターホームなのでワゴンやバスと比べてゆったりと過ごせましたし、車内にトイレも備えられているので、とても便利でした。


Body Glove
P.O. Box 4523, Kailua-Kona, HI 96745 (808) 326-7122
2000年9月 音丸からの情報

webから直接申し込んでも良かったのですが、後学のため、10%オフになるフリペBEACH AND ACTIVITY GUIDEを出しているACTIVITY CONNECTION に頼みました。
かかった費用は、定価1人$65+税金でした。 前々日の昼に電話で予約を入れました。参加したい日にち、人数、内容(AM Snorkel)、カードNoと有効期限を告げると、そのまま切らずに待っているように告げられます。
その場で ACTIVITY CONNECTION が、Body Glove に電話をかけてくれ、confirm できたことを告げられました。集合時間と持ち物(タオルと日焼け止め)を指示され、これで予約はおしまいです。
チェックイン8時45分、カイルア桟橋です。
宿泊先のKona Reefからプラプラ歩き、着いたのは8時25分頃でした。船の前に立っているスタッフに名前を告げると「バウチャーは持ってない?」と尋ねられました。そんな物は持ってないので「ACTIVITY CONNECTION経由で予約を 入れた」と答えると、「それならいいわ」と船内に入るよう言われます。
既に3〜4組が乗船しており、最終的には8時50分頃には予約していた全員が揃ったようで、出港しました。
船内には既にコンチネンタル・スタイルの朝食が用意されており、マフィン、ペストリー、ベーグルといったパン類、フルーツ、ジュース、コーヒーを好きに取ってきて食べます。
出港後すぐにスタッフから船やクルーズの内容についての説明があり、それに続いてスタッフのうちの何人かが乗客のあいだを回ってシュノーケル・ギアを配布します。
ひととおりギアの配布が終わった後、度付きレンズが必要な人はスタッフにマスクの交換を申し出ていました。
乗客は全部で50人くらいだったでしょうか。しかもその日の朝にコナに入港した“Norwegian Winds”という客船(バンクーバー発でハワイ各島を回る、前日はHiloに寄ったそうです)のゲストがその半分ほどを占めていました。ちなみに日本人は私だけでした。(^^)
目的地の Pawai Bay は直線距離にするとコナからすぐなのですが、コナからいったん南下して大回りします。これはイルカに逢うためなのかもしれません。
と言うわけで、3〜40分するとスタッフが「イルカが見えたよ〜」と知らせてくれました。最初は船の先に見えるだけでしたが、船が近づいたためか、最終的には舳先のすぐ前を並行して泳ぎ、時折スピニングなんかもしてくれたりして、私も含めて乗客は大喜び。そもそも私がこのクルーズを選んだ理由は「イルカに逢える」というキャッチコピーだったため、念願がかなって幸せでした。15分くらいは一緒にいたんじゃないかと思います。
ほどなくして Pawai Bay に到着。シュノーケリングに入る前にスタッフから「リーフで怪我をするからあまり海岸に近づきすぎちゃダメだよ。トラブルのもとになるから他のダイブ・ボートのそばに行っちゃダメだよ」等の注意点が説明されます。フィンを受け取り、後部のラダーから海に入りますが、希望者はウレタンバーやライフ・ジャケットといったフローティング・ デバイスも借りられます。また、シュノーケリング初心者はアッパーデッキでちょっとした講習も受けられるようです。私はすぐに水に入っちゃいましたが。。。
水深は10mくらいあったかもしれません。こちらも水の透明度は高く、海の底まではっきり見えました。(カハルウBPと比較すると)魚はあまり多くなく、密度も低かったですが、海の底まで見えるという経験は初めてだったため、これはこれで楽しかったです。
2時間近く泳いだ後、船に戻って昼食を摂りました。既にかなりの数の人が上がっていて、昼食のサーブを受けるため列を作っていました。 こちらは Fair Wind とは異なり、デリ・ランチで、2種類のパン、各々3〜4種類のハム、チーズ、野菜を選んでサンドイッチにして食べる形式です。
朝からサーブされているグアヴァ・ジュースおよびコーヒー以外の飲料、ビール、カクテル、炭酸飲料はすべて有料で、ロワーデッキにあるバーで注文します。(私は頼みませんでしたが)
食後は自由行動でしたが、私はすっかり体が冷え切ってしまい、シュノーケリングはせず、ひたすら日光浴に励みました。午後もシュノーケリングをした人は非常に少数で、10人くらいだったでしょうか?
帰路も大回りをしましたが、今度は残念ながらイルカには逢えませんでした。
行きも帰りも揺れは少なく、船酔いをしている人はいなかったと思います。
私も船に乗った経験は非常に少ないのですが、ほど良いスピードで快適だったと思います。
先にも述べましたように、私の目的は「イルカに逢うこと」でシュノーケルは二の次だったのですが、目的がかなえられて非常に嬉しかったです。個人的には参加して良かったと感じました。次回家族でBig Islandを訪れた際には家族 で参加しようと思っています。


Mauna Kea Summit Adventures
P.O. Box 9027, Kailua-Kona, HI 96745 (808) 322-2366
2000年6月 baaさんからの情報

マウナ・ケアに上ってサンセットを見た後に、星空観測をするというツアーです。
午後3時過ぎにホテルを出発し、山頂へ向かいます。高山病にならないよう途中何度か休憩や夕食を取りながら、3時間ほどかけてゆっくりと上ります。
4200mから眺める遮るもののないサンセットはとても美しく荘厳でした。
日が暮れた後、2800mのビジターセンターで星空観測です。薄い雲がかかっていて満天の星というわけにはいかなかったですが、ガイドさんのウィット溢れる話はとても勉強になりました。今度は是非晴天のときに行ってみようと思ってます。。


注):投稿内容は、投稿されたご本人の“言語著作物”ならびにHawaii Webの“編集著作物”にあたります。無断での転用等はかたくお断りいたします。

 

All Rights Reserved (C)2000 Hawaii Web & Office Otomaru