基礎知識
 
歴史
 
交通手段
 
レンタカー
 
リンク集
 
検索エンジン
 
口コミ情報

Elementary Knowledge Kailua Kona

どんなに身近な存在でもハワイはれっきとした外国です。きちんとマナーは守りたいものです。


     マナー

タバコとアルコール
ハワイ州は米国内では喫煙にかなり寛容な州で、喫煙個所も多くありますが、ビーチや公園など公共的な場所は禁酒・禁煙です。ショッピングセンターなどもほぼ禁煙で、喫煙個所以外でのタバコは絶対にやめましょう。路上での咥えタバコや吸殻のポイ捨てなどは論外です。

ドレスコード
ホテルのファインダイニングや高級レストランにはドレスコードがあり、あまりカジュアルな服装では入場を断られることもあります。一般的にタンクトップやサンダルはご法度。襟付きのシャツに長ズボン、かかとのある靴ならたいていのところはOKですが、最高クラスになると上着の着用も必要とされます。女性の場合にはサンドレス(ムームー)にかかとのある靴でOK。予約する際にドレスコードについても尋ねておいたほうが無難です。

レディファースト
レディファーストは常識。レストランでテーブルに着席する際には必ず女性を先に、ウェイターが椅子を引かなければ、連れの男性が椅子を引きましょう。ドア口で一緒になった場合には、手でドアを押さえ、“After you.”と言って女性や子供に道を譲るよう心がけましょう。ベビーカーを押す相手に対しても同様です。
逆に道を譲ってもらった場合にはお礼を忘れずに。男性にドアを押さえてもらってるのに“当然”といった顔をして通りすぎるのは感心しません。

パブリックスペース
プライベートスペースとパブリックスペースの使い分けには注意。ホテルの廊下やロビー、エレベータなどは公共の場所、間違っても下着や浴衣、スリッパ履きで出歩かないように。また、こういった場所で走ったり、大きな声で話すのもやめましょう。ラナイ(ベランダ)に洗濯物やタオルを干すのも立派なマナー違反です。

子供連れ
18歳未満の子供を車やホテルの部屋に放置することは、アメリカでは犯罪にあたります。必ず一緒に出かけるか付き添いを残す、もしくはベビーシッターを頼むようにしましょう。
欧米では大人と子供の時間・領域は区別されています。したがってそのような場所に子供を連れて行ったり、夜遅くまで子供を連れ回すことは感心しません。
また公共の場で子供が騒いだり泣き叫ぶのもルール違反です。日ごろからの躾が肝心なのですが、どうしてもおとなしくしていられないようであれば、そのような場所には連れ出さないようにすべきでしょう。

身体の接触
欧米の人たちは身体の接触を嫌います。狭い通路では反対側で相手が通過し終わるまで待つほどです。まずこの点を頭に入れておき、できるだけ身体がぶつからないように注意しましょう。肩などが触れてしまった場合には“Excuse me.”と必ずひとこと言っておきましょう。

挨拶
これはマナーではありませんが。挨拶をされたら必ず返しましょう。欧米人の中には日本人を「挨拶しても無視する、コソコソする変なヤツ」と感じる人もいるかもしれません。たとえ英会話が苦手でも“Hi”のひとことくらい返したいものです。

 

All Rights Reserved (C)2000 Hawaii Web & Office Otomaru