基礎知識
 
歴史
 
交通手段
 
レンタカー
 
リンク集
 
検索エンジン
 
口コミ情報

Elementary Knowledge Kailua Kona

ハワイはアメリカ、したがって日本とは医療事情も異なります。向こうで冷や汗を掻かないためにもしっかりとした準備をしていきましょう。


     医療事情

注意点
アメリカは医療費が高いです。日本では無料の救急車も、ハワイでは呼んだだけで100ドル以上かかります。急な病気で入院することになったら、それこそ莫大な治療費を支払わなければなりません。ちなみに虫垂炎で入院された方が200万円以上支払ったという話も聞きます。
そんな事態を避けるためにも旅行保険には必ず加入しておきましょう。クレジットカードには旅行保険が付帯しているものもあるので、下記の“キャッシュレス治療”も含めて内容を確認しておきましょう。

日本語の通じる医師
旅行保険に加入したとして、次に問題になってくるのが言葉の問題です。簡単な旅行英語はできても、病状を説明したり、医師の指示を聞き取れる人は少ないでしょう。となると、日本語が通じる病院に行ったほうが話は簡単です。ハワイには日本語OKの医師がけっこういらっしゃいます。旅行保険証書の付録には一覧がありますし、アシスタンスセンターに電話すれば日本語の話せる医師を紹介してくれます。

キャッシュレス治療
もう一つ非常に大事なことは、その病院が旅行保険の対象となっているか、しかも“キャッシュレス”で治療が受けられるか?という点です。
まず、旅行保険の対象でない場合には治療費を自分で支払わなければなりません。次に“キャッシュレス”ではない場合、治療費を現金ないしカードで立て替えなければなりません。ところが、これが高額だった場合、こんな金額を現金で持っているわけはありませんし、カードの限度額を超えてしまう恐れもあります。

したがって、もっとも安全な方法は、事前に旅行保険会社に電話を入れ、(1)旅行保険の対象であり、(2)なおかつキャッシュレス治療が受けられる病院を聞いておくことです。

 

All Rights Reserved (C)2000 Hawaii Web & Office Otomaru