マウイ島
 
ハワイ島
 
カウアイ島
 
モロカイ島
 
ラナイ島
 
乗り継ぎ

Transit Hawaiian Airline

南マウイ地区のビーチ情報

 
子連れ 子連れ向き 身障者 身障者用アクセス トイレ トイレあり lifeguardライフガード駐在 駐車場なし駐車場なし
 
Swimming遊泳 Snorkeling シュノーケリング Windsurfing サーフィン Windsurfing ウィンドサーフィン Boogieboardブギーボード

南マウイ Beach of West Maui Beach of West Maui Beach of West Maui
豪華リゾート地ワイレア、バケーションレンタル派に人気のキヘイ、開発著しいマアラエア、自然の宝庫マケナ。今マウイでもっともホットな南マウイは優れたビーチに恵まれています。
キヘイの顔ともいうべきカマオレ・ビーチ(1)、全米ベストビーチに選出されたウルア・ビーチ(5)、ワイレア、ポオレナレナ、ラ・ペルーズ湾等々枚挙に暇がありません。南マウイに滞在される方は思う存分ビーチ・ホッピングが楽しめることでしょう。

 Maalaea Bay  Swimming

各種クルーズの基地となるマアラエア港とキヘイを繋ぐ長いビーチで、もっともキヘイ寄りの部分はSugar Beachと呼ばれる。底も砂地で早朝は遊泳に適するが、風が強くなる午後はウィンド・サーフィンやブギーボード向き。また砂地の部分がしっかりしているためジョギングや散歩を楽しむ人も多い。
Hauoli St.終端付近に幼児の水遊びに適したリーフに囲まれた小さなプール(海水溜まり)が2箇所ある。冬はホエール・ウォッチングのポイントとなる。
310号線沿い。


 Mai Poina Oe Iau Beach Park  トイレ

リーフが波を和らげ、底も砂地で本来は遊泳に適しているが、南のカラマ・パークに排出されている汚水が漂ってくるため、残念ながら遊泳は勧められない。ここより南方のKaonolulu Beach Park、Kawailili Poa Beach、Waimahaihai Beachについても同様。
冬はホエール・ウォッチングのポイントとなる。
South Kihei Rd.沿い。


 Kamaole Beach Park I、II、III  子連れ向き 身障者 Lifeguard トイレ BoogieBoard

南北に長く連なるこのビーチは3つのパートに分割される。概して底は砂地で遊泳向き。場所も非常にわかりやすい。
“I”は中でももっとも広く、子供用の遊泳スペースもある。シュノーケリングをする場合には北端の岩場付近がお勧め。ちなみに北端はCharley Young Beachとも呼ばれる。
コンドミニアム3棟を挟んだ南側が“II”で、“I”ほどの広さはない。
岩場を挟んださらに南側がロコに人気のある“III”。ビーチ部分がもっとも狭いうえに人が多いため混雑気味。平時でも適度な波があるためブギーボードに興じる人も多い。パーク南端には広大な芝生が広がり、カイトやフリスビーなどを楽しむのに最適。シュノーケリングは北端の岩場付近で。
South Kihei Rd.沿い。標識あり。


 Keawakapu Beach  身障者 Lifeguard トイレ Surfing BoogieBoard

Keawakapu Beachキヘイ南端からワイレアまで広がる長大なビーチ。遠浅のうえビーチ部分も広く、利用者が少ないのでのんびりできる。午後は風が強くなるので午前中訪れることをお勧め。ショア・ダイビングにも利用される。
South Kihei Rd.とKilohana Rd.交差点付近の入口、またはSouth Kihei Rd.を南端行き止まりまで直進する。

このビーチについての実体験情報を読む 


 Mokapu/Ulua Beach  身障者 トイレ Swimming Snorkel BoogieBoard

中央の小さな岩場で分割されているだけで、基本的にはほぼ同じ。北側がMokapu、南側がUluaとなる。駐車場も共用。
Mokapuはルネッサンス・ワイレア・リゾートの前に広がる白砂が美しいこじんまりとしたビーチで、底が砂地のため遊泳に適する。ときどきブギーボード向きの波も来る。
Uluaはエルア・ビレッジの前に広がる全米ベストビーチにも選出されたシュノーケリング/ショア・ダイビングのメッカ。底に石やサンゴがあるためアクアシューズを着用したほうがベター。
Wailea Alanui沿い。ルネッサンス・ワイレア・リゾート南隣りの標識に従う。駐車場はすぐいっぱいになるので朝早い到着が望ましい。もしくは前述のKeawakapu Beachの南側駐車場を利用する。

このビーチについての実体験情報を読む 


 Wailea Beach  身障者 トイレ Swimming Snorkel BoogieBoard

水の透明度は高く、砂質も良い。白砂のビーチは長いうえに、幅も広く、整備が行き届いているために眺めも良い。他の南マウイのビーチ同様、午後は風が出てくるので遊泳は朝がベスト。シュノーケリングは波が穏やかな際にビーチの南北両端で、ブギーボードは南端で。
Wailea Alanui沿い。グランド・ワイレア・リゾートとフォーシーズンズのあいだにある標識に従う。


 Polo Beach  身障者 トイレ Swimming

大きな岩で北と南に2分割されている。遠浅だが波を防ぐリーフがないため波の引きは強め。波が大きい際には波間に隠れた岩に注意が必要。ワイレア地区では珍しく駐車場がいっぱいになることはない。
ケア・ラニ南方のWailea AlanuiとKauakahiの交差点を西に曲がる。


 Palauea Beach(White Rock)  駐車場なし Swimming Snorkeling

ビーチに出るには私有地を通り抜けなければならないという、ロコ以外はあまり知られていないビーチ。特徴はPolo Beachに準じて遊泳向きだが、岩場の周囲はシュノーケリングに最適。奥まった形状のため、午後の風も控えめ。
Makena Rd.沿い。垣根の切れ目付近に路上駐車している車が目印。


 Po'olenalena Beach Park
(Paipu/Changs'/Pepeiaolepo/Love/
Keauhou/Makena Surf Beach)
 トイレ Swimming Snorkeling BoogieBoard

岩場が3箇所あるもののビーチは長く、比較的幅もある。底も総じて砂地で遊泳に適している。別名がやたらたくさんある割には旅行者にはほとんど知られていないが、週末はロコで賑わう。
岩場周囲にはサンゴや無数の魚が生息し、カメ、時にはロブスターに遭えることもある。波がある日は南端でブギーボードも楽しめる。
Makena Alanui Rd.にある“Paipu Beach”の標識に従う。もしくはMakena Surfへの入口から入る。

このビーチについての実体験情報を読む 


10  Five Graves  

19世紀に建設された墓地の中を通って海に出る。ビーチはなく岩場のみだが、水中に洞窟が多数あり、カメに逢えるダイビング・サイトとして有名で、シュノーケリングもまずまず。
Makena Rd.沿いにある墓地が目印。


11  Makena Landing Beach Park
(Papipi Beach)
 子連れ向き トイレ

かつてはダイビング、シュノーケリング・ポイントだったが1999年末の嵐でサンゴが死滅し、魚もカメもいなくなってしまった。遠浅のため子供の遊泳には適している。また、シーカヤックに興じるには便利。
Makena Rd.沿い。


12  Maluaka Beach Park
(Makena Beach)
 身障者 トイレ Swimming Snorkeling

マウイ・プリンス・ホテル前の広く、砂もきめ細かくて美しいビーチ。波が穏やかな際は遊泳向き。南方はピンク、青、緑、紫といったカラフルなサンゴと熱帯魚が多数生息するほか、カメも数多く見られるため、“タートル・タウン”として各種シュノーケリング・クルーズの目的地にもなっている。
マケナ・プリンスを通り過ぎた後、“Dead End”の標識を右折。

このビーチについての実体験情報を読む 


13  Oneuli Beach(Black Sand Beach)  

道路からビーチは見えず、しかも未舗装路を走らなければならないためか、訪れる人はあまりいない。ビーチは黒い溶岩、白い火山灰、サンゴが入り混じっているために灰色をしている。リーフが露出しているので遊泳には適さないが、南方のPu'u Ola'i周辺ではサンゴや熱帯魚を見ることができる。
Makena Alanui Rd.沿いPu'u Ola'i手前の未舗装路を入る。


14  Oneloa Beach(Big/Makena Beach)  子連れ向き 身障者 トイレ Swimming

白い砂浜は長いうえ幅も広く、マウイでも屈指の人気ビーチで、特に週末はロコが大挙する。午後は波が荒くなるため、遊泳は午前中に。10時前後にイルカが見られることもある。駐車場で車上狙いが多発したため、市民が巡回を始めた。
Makena Alanui Rd.沿いPu'u Ola'iを越えたすぐ、もしくはその先を入る。

このビーチについての実体験情報を読む 


15  Pu'u Olai Beach(Little Beach)  Swimming

Oneloa Beach北端からPu'u Ola'iを登り、海側に降りたところにある小さなビーチ。遊泳向きだが、どちらかというとヌーディスト(ハワイでは違法行為)御用達として有名。間に合わせのテントをこしらえて不法占拠している一団に出会った場合(稀な話だが)には関わらないほうが無難。
上記Oneloa Beachの北側駐車場を利用。


16  Secret Cove  

岩場の中にポツンとある本当に小さなビーチだが、ここから見る朝のカホオラウェ島とモロキニ島の眺めが素晴らしいため、ウェディング・スポットとして用いられる。
Oneloa Beach先にある最初の電柱が目印。


17  Ahihi,Kinau  

ビーチはなく、岩場に砂地が点在するのみ。遊泳には適さず、シュノーケルおよびダイビング向き。Cape Kinau先端のFishbowlは魚も多いが、溶岩内のトレイルを片道30分ほど歩かなければならず、トレイルの入口も分かりづらい。保護区のため、魚の捕獲は禁止されている。


18  La Perouse Bay  Snorkeling

4輪駆動車以外の車が行ける最南端。ビーチはないが魚はすこぶる多い。道路付近の海は透明度が低いため、Cape Kinauに沿って北上する。4つめの入り江あたりまで来れば、マウイでもっとも魚が多く見られる。さらに北上すればさらに多くの魚が見られるが、波も荒くなる。
早い時間から名物の強風が吹き始めるので、8時頃までにはシュノーケリングを始めたい。また、7時前後にイルカが見られることでも有名。
Makena Alanui Rd.を終端まで進み、道が悪路に変わる地点で有刺鉄線に沿って左折する。

このビーチについての実体験情報を読む 


投稿
上記ビーチについての皆さまからの実体験情報を広く募集いたします。
お手数をお掛けいたしますが“マウイ島ビーチ辞典”完成のため、どうかご協力をお願いいたします。
投稿はこちらからお願いいたします。

All Rights Reserved (C)2000 Hawaii Web & Office Otomaru