マウイ島
 
ハワイ島
 
カウアイ島
 
モロカイ島
 
ラナイ島
 
乗り継ぎ

Transit Hawaiian Airline

マウイ島オリエンテーション

・基礎の基礎
・主な見どころ
・各リゾートの説明

 

 
     マウイ島 基礎の基礎

Maui Map日本人がオアフに次いで訪れることが多い島。別名はヴァリィ・アイランド(渓谷の島)。
遊泳可能なビーチがハワイ諸島中でもっとも多いうえ、ハレアカラ山、イアオ渓谷など地形的にも変化に富みます。
マウイ郡の人口は120,785人(1998年調べ)で、人種構成は白人31%、ハワイアン系22%、フィリピン系15%、日系12%となっています。
最近はオアフでもお馴染みのショップやレストランを抱えたモールも続々と建設され、ショッピング関係も充実してきたので、人気はさらに上昇気味。自然と利便性を兼ね備えているため、ネイバーアイランドの入門には最適の地とされています。
ファンの合言葉は「マウイ・ノ・カ・オイ」(マウイは最高)。島のシンボル・カラーはピンク、花はロケラニ。

     主な見どころ

ハレアカラ
Haleakalaマウイ島観光のハイライトはなんと言っても世界最大の活火山であるハレアカラでしょう。
映画『2001年年宇宙の旅』の撮影にも利用された荒涼たるクレーターの眺めは実に荘厳。また、ハレアカラで見る空の深い蒼さはまさしく宇宙を間近に感じさせます。
標高3000m以上を超える地点まで車で容易に行くなど滅多にできることではありませんから、マウイ島を訪れた際には、ハレアカラ山まで足を伸ばされることをお勧めします。

ラハイナ
Lahaina1845年までハワイ王国の首都であったラハイナは、アメリカ捕鯨船の基地として栄え、今も当時の面影を残す建物が多数残っている港町です。 ナンバーが振られた31ヶ所の史跡がありますので、雰囲気に浸りながらそれらを巡るのもラハイナの楽しみ方の一つでしょう。
海に面したメイン・ストリートは“フロント・ストリート”と呼ばれ、両脇に レストランやショップ、ハワイ在住アーティストたちのギャラリーが建ち並びます。マウイのベテランの方たちは「夕暮れから夜ないしは朝にここをホロホロ(ブラブラ)するのが最高だ」とおっしゃられています。

ハナ
狭く曲がりくねった道を進み、いくつものワンレーンブリッジ(車1台分の幅しかない橋)を渡り、カフルイから車を走らせること2時間半でようやく到着するマウイ島東岸の町がハナです。
ハナ空港を利用しないかぎりアクセスがあまり容易でないこともあり、雑踏から逃れた静かな時間を過ごしたい方たちが滞在されています。
太平洋横断単独飛行を成し遂げたリンドバーグがその豊かな自然に惚れ込み、余生を過ごした地としても知られています。

ビーチ
マウイ島はハワイ諸島中でもっともビーチに恵まれた島です。遊泳、シュノーケリング、ダイビング、サーフィン、ウィンドサーフィン、ボディボードに適したビーチが多数あります。詳細については西・南・中央・東マウイのビーチ各項をご覧ください。

     マウイ島の各リゾート

マウイ島は北から、カパルア、カアナパリ、キヘイ、ワイレア、ハナという5つのリゾートに大別できます。各リゾートによって特徴がありますので、旅の目的に応じて滞在先を選択されることをお勧めします。

カパルア
マウイ最北端のリゾート地がカパルアです。美しく波も穏やかなカパルア湾とゴルフコースを擁する高級リゾート地で、リッツ・カールトン・カパルア、カパルア・ベイ・ホテルという2大豪華ホテル、3つのコンドミニアム群があります。
マウイでもベスト・リゾートと推す人も少なくはありません。
すぐ南のナピリ湾周辺にはコンドミニアムが多数あります。

カアナパリ
もっとも歴史があり、マウイを代表するリゾートでもあるカアナパリには5つのメジャー・ホテル、多数のコンドミニアム、ショッピングモールがあり、リゾート内を巡回するシャトル・バスも運行されています。
マウイでもっとも日本語の通じる可能性が高く、レンタカーがなくてもある程度は行動できる環境が整っているので、隣島初心者にはお勧めかと思います。ただし、ツアーで利用される率も高いので、日本人遭遇率も最高です。
カアナパリ北方のホノコワイ〜カハナ地区には比較的手ごろなコンドミニアムが 多数あります。

キヘイ
マウイでもっともカジュアルな地区がキヘイで、高級ホテルは1軒もなく、安価なコンドミニアムが無数にあります。オーシャンフロントの2BRユニットが100ドル前後で借りられますから、アコモ(宿泊施設)に関してはハワイ諸島中もっともコストパフォーマンスに優れた地区と言えるでしょう。
カマオレビーチパーク1、2、3という広大なビーチパークを擁し、中小ショッピングモールも多数あるため、遊ぶにも生活するにもとても便利な地区です。 晴天率が高い点も嬉しいところです。
日本人遭遇率は最低ですが、同時に日本語通じる度も最低です。レンタカー必須。

ワイレア
カアナパリと並ぶ高級リゾートがワイレアです。前述のキヘイと隣接してはいますが、雰囲気はまったく異なり、高級ホテル、高級コンドミニアムが「高級リゾート!」という雰囲気をかもし出しています。
ゴルフ・コースやビーチにも恵まれ、新装されたばかりのショッピングモールもあり、リゾート内を循環するシャトル・バスも運行されていますが、スーパーマーケットの類はないので、コンドミニアムで生活するためにはレンタカーでキヘイまで買出しに行く必要があります。
ツアーで利用されることが多く、日本人遭遇率および日本語通じる度はカアナパリに次ぎます。

ハナ
見どころでも触れたハナには超高級ホテルのハナ・マウイの他、B&B、レンタルハウスが数軒あります。大型のショッピングモールなどはもちろんありませんので「豊かな自然の中で静かに過ごしたい」という方向きのリゾートです。

All Rights Reserved (C)2000 Hawaii Web & Office Otomaru